fc2ブログ

これでもか!不二ビル


会社用iPhone導入!■広島本社クリーン事業部
こんにちは。
頑張るとよく「意外」と言われます、
クリーン事業部新入社員の坂野です

ついにクリーン事業部にもiPhoneが導入されました!

iPhone


私は11月から会社携帯(ガラケー)を所有させていただいておりましたが、
不慣れで文字を打つスピードは驚くほど遅く、
使い勝手もなかなかマスターしきれていませんでした。
iPhoneに変更されるという情報にはかなり舞い上がりました

iPhoneが届き、初めの登録作業やイレギュラーな問題も多々あり
総務部の皆様に沢山お世話になりました


以前の会社携帯(ガラケー)に慣れている方は、
新しい機能や仕組みに戸惑う場面もあったように思います。

ガラケー

現在ダブルフロントでペアを組んでいるU担当課長
新しいiPhoneにウキウキしている様子を見て、
なぜか私の方が嬉しい気持ちになりました。


まだ仕事で使う機能やアプリなどあまり理解していませんが、
一通り見てみると既にビジネス用特有の、
普段のiPhoneにはないようなアプリがたくさんあり驚きました

上手く業務に活かせるよう、周りの方々にどんどん質問して
勉強していきたいと思っています


私は効率の悪い作業が多く、上司の方の仕事のスピードを見て
いつもこうなりたいと思っています。
業務内容を覚え、どんどんアウトプットしていくことに加え、
効率をよく進められるよう上司の方々からの吸収や、
自分なりの効率を上げる方法など編み出していきたいと思います

そのうちの一つとして、様々な機能・役割を持ったiPhoneの知識を
早く習得していきたいと思っています。
円滑に仕事を進めるためiPhoneを使いこなし、今後も一層頑張っていきます!!
ビルクリーニング技能検定の受験に向けて!!■広島本社クリーン事業部
こんにちは
クリーン事業部の甘党No.1阿形です

2021年の4月に入社し8か月が経ちました

半年間、現場で清掃作業についての研修を行い、
現在は管理スタッフとしての仕事を学ばせていただいております。
まだまだ分からないことだらけではありますが、
早く戦力になれるように色々な事を吸収していきたいと思います。

今回は私が受験するビルクリーニング技能検定について
書かせて頂きたいと思います。
ビルクリーニング技能検定とはビルクリーニング作業について
必要な技能を評価する試験です。
ビルクリーニング技能検定は1級・2級・3級と等級が分かれており、
今回私は3級を受験します

3級の試験は実技試験筆記試験に分かれており、
筆記試験は11月28日に実施されました。

現在は実技試験に向けて広島本社1Fのビルクリコートにて練習に励んでいます
実技試験は床面の清掃、ガラス清掃、トイレ清掃の3科目実施されます。

現在は弾性床面清掃の練習を中心に行っております。
床面の清掃科目では・・・
・ダスターを用いた除塵作業
・モップを用いた水拭き作業
・ポリッシャーという機械を用いたバフィング作業
があります。

ポリッシャーとはパッドをモーターで回転させて床面を擦る機械です。
扱いが難しく、気を抜くと思わぬ方向に動いてしまいます。
そのためポリッシャーを思いのままに動かせるよう悪戦苦闘しています

ポリッシャー

ダスター、モップを使った作業も意識することが多く気が抜けません。
練習中はクリーン事業部の先輩方が見に来て下さり、ポイントを教えて下さいます。
非常に勉強になりとてもありがたいです

モップ

トイレ

ガラス


覚えなくてはならない事、意識しなければならない事が多く、
大変ではありますが、ビルクリーニング技能検定は清掃作業に
従事する者にとっては重要な資格です。
試験日もだんだんと近づいてきたため、
1月21日の本番に向けてしっかりと準備を進め、
合格が出来るよう全力で頑張ります

阿形さん


アビリンピック全国大会に出場します!■広島本社クリーン事業部
みなさんこんにちは(^-^)/
クリーン事業部の簿記マスター村田です

今回紹介するのは「アビリンピック全国大会」についてです。

アビリンピック全国大会は各都道府県大会で優勝した選手が出場する大会で
不二ビルサービスはなんと過去4回も全国大会に出場しており、
そのうち3回で「銀賞」2回、「銅賞」1回を受賞しています
3回連続で賞を受賞したのは全国でも不二ビルサービスだけらしいですよ

今回は2021年12月18日から東京で開催される
第41回アビリンピック全国大会大会に出場する選手の紹介です。

今回全国大会に出場するのは森脇 駿 選手です。

森脇選手はなんと今回が初めてではなく、2回目の全国大会出場になります。

森脇選手は過去広島大会で「金賞」と「銅賞」を受賞しており、
2016年に開催された第36回全国大会に出場しています。

森脇選手といえば、高身長でイケメン
作業を行う姿も美しく、指導する私も見とれるほどです

森脇さん1

森脇さん2

森脇さん3

森脇さん4

森脇さん5

大会まで残り1ヶ月となりましたが、
「全国制覇」を目標に頑張っていきます!

アビリンピックひろしまに出場します!■広島本社クリーン事業部
こんにちは!あの雑誌の表紙を飾った
クリーン事業部の恵美です

皆さんは「アビリンピック」をご存じでしょうか?

全国障害者技能競技大会の通称であり、
障害のある方が日頃培ってきた技能を各競技に分かれて
競い合う大会のことです。

そんなアビリンピックの全国大会と広島大会に不二ビルサービスから
それぞれ1名ずつの選手が出場します!

本日はその中で広島大会に出場する選手を紹介していきたいと思います。


第18回広島県障害者技能競技大会(ひろしまアビリンピック)出場
高橋 望 選手 です。

大会に出場するのは今回が初めて
昨年度は新型コロナウイルス感染防止から大会が中止となり
出場することも叶わず…悔し涙を流しましたが!
今年は無事開催されることを願って猛特訓中です

猛特訓中高橋選手


高橋選手の持ち味はなんといっても丁寧さです

隅々まで目を行き届かせ慎重に、丁寧に、正確に作業を行っていきます

隅々までしっかり拭き上げ


掃除機をかけるフォームも様になってきました!

掃除機をかける姿もかっこいい


見られると少し緊張しちゃうけど、実はとってもお茶目な高橋選手
高橋選手を指導する私たちも気合が入っています

2022年1月8日(土)開催まで残り1か月を切りましたが
引き続き私たちも全力で高橋選手をサポートしていきます

教えるということも、とても勉強になります!
残りの期間、高橋選手と一緒に成長し、
大会で良い結果を残すことができるように頑張っていきます!
カーペットクリーニングについて■広島本社クリーン事業部
皆さんこんにちは
クリーン事業部のマイケル・J・フォックスこと
特別清掃班の岡峯です

いつもは色々な現場に出向いてビルや建物の床面などを綺麗にしています。

今回はカーペットクリーニングについて少しお話したいと思います(^^)/


某会議室
某会議室のカーペットクリーニングを行いました。
 
カーペットのシミ

まず汚れを落としやすくする為に前工程として
頑固なシミ、付着物など、落ちにくい汚れに対して
専用洗剤を塗布。その後ブラシなどを使って汚れを
除去していきます。

カーペットクリーニング1 カーペットクリーニング2
いよいよ洗浄機を使用して全体をカーペットクリーニングしていきます。
手前の白い容器に専用の洗剤を入れてパッド洗浄をします。
※この洗浄機では1分間に2400回振動するオービタル運動と
ディスク全体が1分間に130回転してカーペットを洗浄します

リンス回収 リンス回収2
見た目ではどれだけ汚れているか分かりにくいですが、洗浄した汚水を
バキュームでリンス回収したらこんなに汚れていました

仕上げ 仕上げ2
仕上げは洗浄機と送風機を使用してカーペットを乾燥させます

作業前  作業後

  
素材や汚れなど状況に応じて作業工程も違ってきます。

作業終了後はシミなどの汚れもなくなり綺麗になりました

何か清掃の事でお困りでしたら是非、ご相談下さい‼

これからも品質向上の為、頑張ります(^^♪

インカムを購入したのでプチツーリングに行ってきました■広島本社クリーン事業部
こんにちは(^-^)/
広島本社クリーン事業部のデンジャラスKこと梶岡です
1994年4月に入社し、早くも28年目になりました
※1989年から不二ビルクリーナー(現在はクリーン事業部と統合)で
アルバイトもしていました。

今回ツーリングでの必須 アイテムのインカムを購入したので
プチツーリングに出かけてみました

写真①


インカム(B+COM SB6X)を簡単に説明します。
ヘルメット内部にマイク、スピーカを取り付けます
最大6人まで通話が可能。
音楽を聴きながら会話もすることもできます。
ナビゲーション案内を聞きながらツーリングもできます。

写真② 写真③




9月某日 
7:00
ナビゲーションの行先設定を芸北高原大佐スキー場に設定して、いざ出発!。

7:40
山県郡安芸太田町の温井ダムに到着。
緊急事態宣言中の為にダム施設内のトンネルの中に入ることができませんでしたが
ダムの上をバイクで通る事はできました。
    
写真④ 写真⑤


龍姫神社から見る龍姫湖です。
今回は行くことができませんでしたが、猪山展望台からの眺めは凄くいいです
是非時間があれば行ってみて下さい。
   
写真⑥ 写真⑦
写真⑧

                
温井ダムから大佐スキー場までワイディング(曲がりくねった道)を
楽しみながら走れる良いコースです

9:00
ナビゲーションを聞きながら間違えることなく大佐スキー場に到着。
※大佐スキー場は島根県の県境になります。
途中警察に捕まったかと思ったら前方を走っていた爆音走行車を3台追跡していました。(笑)

写真⑨ 写真⑩

                                                                                 大佐スキー場の駐車場でドリフト走行会をしていました。               
※定期的に走行会をしているそうです。

写真⑪

                                                      
緊急事態宣言中でしたので、大佐スキー場で折返し帰宅しました。

写真⑫
  

今回は朝7:00~10:30のプチツーリングでしたが、
インカムの試し走行に丁度良かったです。

誰かインカムを持っている方いましたら、
是非一緒にツーリングに行きましょう

仕事も遊びも真剣に楽しむ。デンジャラスKでした!
若手メンバーのスキルアップ③■広島本社クリーン事業部
こんにちは クリーン事業部の画伯?こと杉金です

今回は、以前ブログでお伝えした
『若手メンバーのスキルアップについて』の後編です。

弊社ケア事業部が運営するグループホームの特別清掃作業を、
クリーン事業部若手メンバーにて計画、実施する!という内容で、前回は
①エアコン洗浄作業と
②換気扇、壁面や立体面の清掃作業
の様子をご紹介させていただきましたが、今回はその後編として
③ベランダ、ガラス清掃作業と
④床面洗浄ワックス塗布作業
の作業内容についてお伝えいたします。
※前回の作業内容は、7/5(月)に更新されております。ぜひチェックしてみてください


③ベランダ、ガラス清掃作業
作業期間中は梅雨時期真っ最中ということもあり、
雨風の影響を直に受けているベランダの壁面や床面は、
土砂で酷く汚れておりました。

①作業前ベランダ床面
 雨風で土砂が流れ込んだ床面

作業前ベランダ床面②(鳥のフン)
 1Fベランダ上部には鳥の巣があり、真下の床面は
   フンだらけです…。

今回は「ポリッシャー」という、専用のブラシやパッドを回転させて
洗浄作業を行う機械を使用し、床面を綺麗にしていきました。
ポリッシャー
 ポリッシャー操作中の様子

作業後ベランダ床面1

作業後ベランダ床面2
 作業後のベランダ床面
   とてもすっきりしました!

ポリッシャーが当たらない隅の方は、ブラシを使って手作業で綺麗にしていきます。
真っ黒だった床面がとても綺麗になりました!


続きまして、ガラス清掃作業です。
ガラス清掃作業は、内面(内側)と外面(外側)の両面が対象となるのですが、
床面と同じように雨風に晒されているベランダの外面のガラスは特に汚れやすく、
水垢がよく残っております。
ガラス面に洗剤を塗布し、水気を切ってタオルで拭き取り、仕上げていきます

ガラス清掃作業中1

ガラス清掃作業中2
 ベランダ外面ガラス清掃作業の様子

ガラス内面でも同様の作業を行い、綺麗にしていきます。

ガラス清掃作業前

ガラス清掃作業後
 作業前と作業後のガラス
   内面と外面の両方の水垢が取れました。


今回の作業では、ベランダ含め館内全てのガラス清掃作業に入らせていただきました。
特にベランダの外面のガラスは洗剤を一度塗布しただけでは汚れが落ちきれず、
数回に渡り作業を行うこととなりました。
私たち作業メンバーが予想していた作業時間と、実際の作業にかかった時間を記録しておき、
作業が予定通り実行出来たか振り返りを行っていきます。


④床面洗浄ワックス塗布作業
最後に、床面洗浄ワックス塗布作業についてご紹介致します。
今回は人が多く集まる各階の食堂を中心に、床面洗浄ワックス塗布作業に入りました。

床面洗浄ワックス塗布1
 作業前の準備

今回の作業は、館内に利用者様や施設の職員が居るという環境下での作業でした。
作業中の転倒などの事故は絶対にあってはならないことであり、
未然に防がなければなりません。

上の写真のように、今は作業中であることを周囲に知らせる看板や仕切り、
また、作業で出た汚水などが部屋に入らないようビニールを貼って作業区画を区切るなど、
作業前の準備がとても重要です。

床面洗浄ワックス塗布2

床面洗浄ワックス塗布3

床面洗浄ワックス塗布4

床面洗浄ワックス塗布5
 床面の洗浄作業の様子


作業前の準備が終わったら、床面を洗浄します。ベランダ清掃と同様に、
ポリッシャーを使用して床面を洗浄し、ポリッシャーが届かなかった範囲は
隅までしっかり手作業で擦ります。
ポリッシャーを回した際に出た汚水はしっかり回収していきます。
汚水回収後は、モップで床面を拭き、その後乾燥させます。

床面洗浄ワックス塗布6
 ワックス塗布作業の様子

床面を乾かしたら、ワックス塗布作業に入ります。
ワックスは1回のみ塗布するのではなく、複数枚塗布して光沢を出します
1枚塗布するごとにしっかりと乾かして、塗り重ねます。
ワックスが乾ききる前に足を踏み入れてしまうと、床面に踏み跡が残ってしまいます!
そのような仕上がり不備を防ぐため、作業中は誰も立ち入らないようにしっかりと
作業区画を区切ります。
ワックスをしっかりと乾かしたら作業完了となります。

床面洗浄ワックス塗布7

床面洗浄ワックス塗布8
 床面洗浄ワックス塗布作業前と作業後


上の写真が作業前後の床面比較写真となります。
光沢が出てとても綺麗になりました!
利用者様や施設職員の方が居る中での作業区画を区切っての作業は、
とても大変でしたが、やり遂げた達成感は凄く、とても充実した気持ちになりました。


以上で、作業内容が終了となりました。作業に入る現地の汚染状況の確認から始まり、
あまり大人数で行動の出来ないコロナ禍という状況を探りつつ行ったスケジュール調整、
メンバー同士の度重なる打ち合わせ、汚染状況にあった資機材の選定を行うなど、
考えに考え、今回の作業に入りましたが、「あっ、あれをやるのを忘れた!」と
詰めの甘い箇所がそれでもポロポロと出てきました。
作業日ごとに反省を行うことで、少しずつ要領を掴んでいくことが出来ました。


作業終了後
 作業終了ミーティング
   (一同ヘトヘトになりながらも頑張りました...!)

若手メンバー4名での作業となり、当初は不安な心境でしたが、
「とても綺麗になり嬉しいです!ありがとうございました!」と
施設の方からお声がけ頂きました。
作業は長丁場となりましたが、今回の作業で学んだことを次に活かせるよう
頑張っていきたいと思います!